手の不調~手根管症候群、ばね指、腱鞘炎

手の不調~手根管症候群、ばね指、腱鞘炎
指の神経の出どころは頸椎に集中しています。 指の神経伝導が悪くなるのは、頸椎のズレと中間地点の肩関節の部分が内旋(巻き込む)することからです。
指の神経は頸椎から出て鎖骨の下を通り肩の前を通って指に分布するのは解剖学上の事実なのに神経の牽引説がないため、肩が巻き込まれ神経が引っ張られて症状が出ると考えないので説明できないのです。神経が引っ張られると、指関節の滑液が出にくくなり、節々が変形してしまったりしびれが出ます。
また、伸ばしたら曲げられない、曲げたら伸びないというばね指になる場合もあります。背骨コンディショニング協会では、頸椎のズレと肩の内旋がばね指の原因のほとんどを占めると捉えています。一般的には手根管が原因だとして手術されるもケースが多くありますが、「手術しても治らなかった」という方が施術を受けに来ることがたくさんあります。
手根管症候群と診断されても、肩に原因があったという人も非常に多いのです。
仙骨の後方変位の代償で猫背になり、頸椎のズレに加えて背中が丸まって、肩も巻き込まれます。この場合、肩の内旋が収まれば治っています。
よくキーボードを叩きすぎて腱鞘炎になったと言いますが、その動作はきっかけであって、肩の内旋が神経伝導の異常を起こし、指の関節の滑液が足りていないのに、動かしすぎるので、関節がこすれて痛みが出るのです。
ばね指も結局は肩の巻き込みが一番の原因です。病院によっては手根管という指の神経を束ねている管が狭いからだと手術で切ったりしますが、正しい位置に肩の関節があり、指の神経ストレッチをして神経の柔軟性があれば、そのような必要がないことがほとんどです。

協会ホームページ