腰痛

一言でいって「腰痛を感じ入る程、骨がずれている。」のです。

 

現代医学では、骨の歪みがどういう症状を引き起こすのか、はっきりと述べられている理論はありません。とくに仙骨(仙腸関節)という尾底骨の上にある背骨の土台の骨は、解剖学上動かないと言われているので、X線撮影やMRIでどんなに歪みが見られても無視されます。しかし、腰痛を訴える方の仙骨を見ると、必ず歪みがありX線撮影やMRIにもハッキリと写っています。反対に仙骨の歪みがなければ、痛みはありません。

 

現代医学では神経が圧迫されることによってなんらかの症状が出ると言われています。代表的な例がヘルニアです。椎間板ヘルニアとは、椎骨と椎骨の間にある椎間板の中にある髄核が飛び出した状態のことです。これが神経を圧迫し、痛みが出ると言われています。

 

ただ、実際にヘルニアが出て神経を圧迫していても症状が全く出ていない場合や、ヘルニアで神経を圧迫している反対側に症状が出るケースも多数確認されています。ヘルニア、脊柱管狭窄症、すべり症などの手術をおこない、神経圧迫を解消したものの、同じ症状に悩まされる人もいます。これらのことから神経の圧迫だけでは痛み、症状の原因を説明できないと言えます。背骨コンディショニングでは

「神経が圧迫されて異常が起こるのであれば、

    神経が引っ張られても異常=痛みが起きる」

と捉えております。背骨が歪んでそのせいで神経が引っ張られる(牽引される)ために症状が出る、という「神経牽引理論」が背骨コンディショニングの考えです。

実際に、神経の痛みは背骨コンディショニングのレッスンや矯正の時に簡単な検査でわかり、運動や矯正で骨が正常な位置になればその場で痛みが軽減するのを実感できます。

 

また歪みのバランスを取るために、胸椎を丸めて(代償姿勢)、鎖骨(胸鎖関節)や肋骨(胸肋関節)が内側に変位してしまいます。そして重心が前になりまた仙骨が後方に変位するという悪循環になります。これを代償姿勢と呼んでしますが、したがって、腰の手術や腰のズレだけなおしても腰痛は治りません。ですから、痛みがでる程歪んでいる腰椎と仙骨を矯正し、背中の丸みと鎖骨(胸鎖関節)や肋骨(胸肋関節)も矯正しなければなりません。

 

このような歪みが長い期間におよんでいると関節は固まってしまい矯正もままならない方もいます。ので、緩める運動=ROM運動も必要になってきます。

 

そして、そもそも骨が歪むのはなぜかと言うと、骨を支える筋力が弱いからです。お尻の筋肉である大殿筋や背骨を支えるための多裂筋・脊柱起立筋(棘筋、最長筋、腸肋筋)が少ないと仙骨は後ろにズレます。ですから骨がずれないように、これらの筋力を強化する必要があります。

 

まとめると腰痛を治すには

 

(固まった関節を)ゆるめる=ROM運動・神経ストレッチ

 

・歪んだ骨を矯正(施術と体操があります)する

 

・歪まない為に筋力をつける

 

事が必要です。

 

協会ホームページ