頭痛・めまい・耳なり

頭痛

頭痛で、こめかみ辺りが痛い場合は、脳に問題がなければ、まず蝶形骨のズレが原因です。蝶形骨とは頭骨(頭蓋骨)を構成する1つの骨で、2~3ミリのズレでもかなりの痛みを訴えるケースが多いです。


原因はかみしめがキツいことです。蝶形骨が下顎骨を引き上げるための筋肉(側頭筋)に覆われているので、かみしめがキツくこの筋肉が過緊張するとズレます。夜寝ているときにかみしめる方が多いようで、あまりにも頭痛がひどいときは歯ぎしり防止用マウスピースを付けると緩和することが多いようです。


この側頭筋を含む咀嚼に関わる筋肉を支配するのは上顎神経と下顎神経です。これらは顔の知覚神経(上顎神経と下顎神経の運動神経)でもある三叉神経が分岐したものなので、かみしめがキツく側頭筋が拘縮すると、上顎・下顎神経から三叉神経核にまで影響し、近くにある副神経(首の筋肉の神経)核まで拘縮して、頸椎のズレを引き起こすのではないかと考えられます。とくに頸椎の1、2番が左右の変位と稔転が顕著に出ます。
これに、猫背で頭蓋骨が前、頸椎の1番がさらに後ろになっている姿勢が加わると「もう頭全体が……」という頭痛になります。


頸椎の1番の高さは延髄の上部で、少し上には脳神経の出処が集中しています。矯正していると、左右の変位、捻転、前後の変位を合わせて1・5センチ以上ズレている場合もあります。私から言わせると、脳と脳神経ごと引っ張られる状態ですから、動けないほどの頭痛になるわけです。
 また、後頭部の後頭神経が引っ張られている場合には、後頭部の表面の頭痛を感じることがあるようです。ムチウチで頭が前に出たままになると後遺症が残るのは、頸椎の1番がズレるからでしょう。


頭痛は脳に異常がなければ、仙骨の歪みの代償や噛み締めがキツイ事によって起こる首の歪みが原因です。また、頸椎の両横の穴は動静脈の通り道です。骨がズレると血管がクランク状になって頭へいく血が少なくなります
脳は人間が1日に消費するエネルギーの20%近くにあたる約400キロカロリーを消費するので、糖質を供給するためにもたくさんの血液が必要です。


血液が不十分だと思考力が低下し、ボーッとした感じになります。頸椎の1番をはめたらまもなく「頭が熱くなってきた」と言いい「頭がすっきりした」という方が毎日たくさんいらっしゃいます。
普段は血液の流れが少なかったのが、クランク状になっていた血管が矯正されて、脳への血液の供給が正常になったためです。


まれに「脳脊髄液減少症」の人がいます。脳髄液がなんらかの原因で漏れてしまう疾患です。


横になると髄液が満たされ頭痛はラクになるので、周りからはサボりたいから頭が痛いと言っていると思われたりしますが、本人にしてみたらとてもじゃないけど起きていられない痛みを感じているのです。


そうした方も来られますが、漏れの箇所、大きさにもよりますが、骨があちこち歪んでいて、背骨の歪みによって、椎骨に圧が均等にかかっていないと脳まで満たされている髄液の漏出をより進行させるようです。


ブラッドパッチ(本人の血液を採取し、血液漏れを起こしている穴に注射して固める治療法)をしても効果が出づらい場合、矯正によって圧が均等になると少しずつよくなる方が多いです。

耳鳴り、突発性難聴
脳に異常がなければ、頭蓋骨が前に出ているのを頸椎(特に1、2番)が後方に変位することでバランスを保とうとする代償動作が働いた結果と言えるでしょう。
それに加えて噛み締めの問題もあります。耳鳴りや突発性難聴はこの2つが原因だと考えています。
延髄の頸椎の1番と同じ高さにあるのが内耳神経です。この神経は、延髄から橋にかけて走る前庭神経と蝸牛神経が合流したもので、蝸牛神経が聴覚を司ります。
頸椎の1番の上、延髄の通り道の大後頭孔頸の太さが3センチ程言われていますが、最大で1・5センチほどズレている人も珍しくありません。
 頸椎のズレによって延髄ごと引っ張られて、頸椎1番の奥にある蝸牛神経が伝達異常を起こします。
突発性難聴と言われますが、徐々に骨が変位していき、症状の出たそのときに許容範囲を超えてしまっただけで、突発性ではありません。
頸椎の矯正をしていたら症状は起きなかったはずです。耳鼻科に行っても治らない難聴は、骨のズレが原因かもしれません。

目まい メニエール病
脳に異常がなければ、頭蓋骨が前に出ているのを頸椎(特に1、2番)が後方に変位することでバランスを保とうとする代償動作が働いた結果と言えるでしょう。
それに加えて噛み締めの問題もあります。耳鳴りや突発性難聴はこの2つが原因だと考えています。
延髄の頸椎の1番と同じ高さにあるのが内耳神経です。この神経は、延髄から橋にかけて走る前庭神経と蝸牛神経が合流したもので、
 前庭神経のほうは平衡感覚を司ります。目まいも、耳鳴り、突発性難聴と同様に、頸椎1番のズレが原因だと考えます。延髄が後方に変位し同時に前庭神経も後方に変位し収縮して平衡感覚が狂って目まいが起こるのです。
 頸椎1番のズレがひどいと前庭神経の上部にある眼球の動きに関係のある外転神経や焦点を合わせる毛様体筋に分岐する三叉神経も引っ張られます。
脳に腫瘍がなければ、骨のズレによって外転神経、三叉神経の異常伝達を引き起こし眼の疲れやものが見えづらいという事になります。
よく「目が疲れる」と言っていた人が、背骨コンディショニング後に「目が開くようになった」「目がすっきりした」と言うのは、頸椎の1番が正しい位置に戻ったことで、延髄ごと後方に引っ張られていた、目に関連する神経がゆるんだからです。
激しい目まい、耳鳴り、難聴、耳閉感を繰り返すメニエール病も難病と言われますが、背骨コンディショニング協会では、内耳神経を延髄ごと引っ張られていると考えているので、頸椎の1番、2番のゆるめ、矯正、首の筋トレをすれば症状は治まります。

協会ホームページ